++something tiny++

ドイツ菓子  Tudor④

b0286321_6472123.jpg

先日、ちらっと寄った実家で見つけたいいもの・・・

母「舶来の頂き物よ。好きやろうと思ってとっとったとよ(・・・取りおいていたのよ・・・)」
 
Oh!シュトーレンでは、あ~りませんか!
ん?それにしてもやけに軽いぞ・・・
ちぇーーーっ。取りおいてくれたのは缶のこと。
中身はすっかり、老夫婦のものに・・・
それでもしっかり缶はいただきました・・・

さて、このドイツ菓子(空・・)を脇目に刺しました
ドイツから嫁いだお妃さま・・・
b0286321_792368.jpg

アン・オブ・クレーヴス
政治的背景もあり、ドイツのクレーヴェ公のご息女を
妃に迎えたが、気に入らなかったと伝えられています
肖像画・・美しい方ですが、そうでなかったかもと・・・
そんなことですぐに離婚させられ、失礼しちゃう・・ってところですが、
この方は、十分な年金とベイナーズ城を与えられ、6人の妃の中では幸せだったのでは。といわれていますが、どうでしょう・・・
そして、この方との結婚を推し進めたトマス・クロムウェルは斬首刑ですって・・・ひどっ!

資料)怖い絵 中野京子 著
[PR]
# by kotorika | 2013-01-12 10:45 | クロスステッチ | Comments(2)

まだ、寒いのに・・・  Tudor③

b0286321_11255710.jpg

ちょっとせっかちさんでしょう
においスミレに一輪小さな花がついていました
霜にあたらないように慌てて軒下に移動
でもよーく見ると他にも蕾がいくつか・・・
春は寒空の向こうから確実に近づいているのですねぇ

さて、今日のTudorはヘンリー8世の三番目のお妃
ジェーン・シーモア
b0286321_11401753.jpg

こわばった表情の肖像画です
そりゃあ、アン・ブーリン処刑のころでしょうから・・・
この方、金髪の美しい、控えめな性格だったといわれています
ヘンリー念願の男児(エドワード王子)を出産されますが、
出産後すぐにみまかられました
今でも、ハンプトン・コート宮殿には、長いドレスの妃が現れるとか・・・ひぇ!

そして、同じ頃同じ宮廷画家によって描かれた
こちら様が、そのヘンリー8世
豪華絢爛!!
b0286321_1145190.jpg

うーん・・・なかなかのドヤぶり・・・あっ!失礼・・・

資料)薔薇の王朝 石井美樹子 著
    怖い絵    中野京子  著
[PR]
# by kotorika | 2013-01-10 11:56 | クロスステッチ | Comments(0)

いい夢みろよ! そしてTudor②

しめ飾りを外し、お正月も終わりました。
今年、初のお買い物は、なぜか枕・・・
b0286321_9482372.jpg

ダンフィル フィベール枕
ほらっ! デンマークデザインだからってすぐに飛びつく消費者。 

いままで使っていた大御所は、もう20年来(古っ)の羽根枕。
さすがにくたびれておいでの様子。
肩を痛めたり、頸の問題もあり、枕のせいではございませんが・・・心機一転?
さて、肝心の寝心地は、ん?意外と硬い。
ふわふわかるかるの商品ですが、何だかコシがある。
暫らく使ってみることにいたしましょう。

「いい夢みろよ!自分!」

さてさて、ステッチの方は、Tudorに戻っています。
b0286321_1052249.jpg

続いては、ヘンリー8世第一王妃のキャサリンオブアラゴン・・・
こちらのお方は飛ぶ鳥落とす勢いのスペイン、イサベル女王の御息女。
初め、ヘンリー8世の兄、アーサー王子に嫁いだのですが、アーサー王子15歳にて逝去。
美しいキャサリンに次男ヘンリーは求婚し、結婚。
暫らくは仲睦まじかったそうですが、何せ跡継ぎの男児が産まれない。
いろいろあったでしょうが、結局第二王妃となるアンブーリンにお熱を上げ、離婚画策。
泥沼の愛憎劇の末、第一王妃は、離婚させられます。
このお方、メアリ女王の生母。そして、カスティーリャ(スペイン)女王ファナの妹。

ステッチしながら、歴史本を読み暮れ、しまいには、故ダイアナ元妃のところまで来てしまいました。

中世。寿命とか、生存率とかで言えば、余りに儚く脆い時代。
でも、何だか、とてもたくましく感じます。敬意を込めてステッチ続けます。

資料)薔薇の王朝 石井美樹子 著
[PR]
# by kotorika | 2013-01-08 10:47 | クロスステッチ | Comments(0)

謹んで初春の・・・

b0286321_104509.jpg

鹿児島県 出水市 鶴でございます。めでたや、めでたや。

謹んで初春のお慶びを申し上げます。
って、今日は、もう6日になってしまいました。
かろうじて、松の内・・・。

お正月は、いかがお過ごしでしたでしょうか。
何とか、ワタシも生還致しました。
料理、給仕、運転、料理、給仕、運転、料理、給仕、運転・・・・ハァハァ・・・
目の回る忙しさから4日には解放されておりましたが、放心していました。
今年は並びがよろしくて、9連休の方が多く、世の奥様方、お疲れ様でございました。

さて、今年は、社交下手な私も少しは、進化したいと思っています。少し・・・。
まだ、詣でていないのですが(遅っ)、皆のそこそこの健康を願って参ろうと思います。
昨年の暮れ、痛めた肩もどうにか、快方しております。ありがたや。

今日からお針初めと参りましょうぞ。
私としては、続いているこのブログ、お針の励みともなります。
どうぞ、本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
# by kotorika | 2013-01-06 11:12 | 雑記 | Comments(2)

妃、妻、嫁・・・

年の瀬も押し迫って参りました。
今年は、こうやって密やかなブログを綴る事ができました。
そして、ご覧下さる方もいらして、大変励みとなりました。
本当に有難うございます。

さて、九州嫁事情も色々でしょうが・・・
まぁ、明日からの一週間は、ワタクシ変身いたしますのよ。
主人の実家。毎年、義兄と甥っ子や姪っ子は東京から帰省してきますが、義姉は来てくれません・・・(気持ちは分かるわ)
b0286321_9445611.jpg

うううっっっ・・・仕事かさばけない次男の嫁はどういたしましょう・・・

って、まだTudorひきずってドレスなんて、着てるんでしょうね。
b0286321_9481996.jpg

「さっさと働いたら?」

そ・そうですね。
しばらくは、癒しの針仕事も出来ず、顔は笑顔で心は涙・・・
妃のような気高き気位を支えに頑張りましょう。  は?(笑)

それでは、皆様、良いお年をおむかえくださいませ。
また、来年、針仕事を楽しみましょう・・・
[PR]
# by kotorika | 2012-12-28 10:02 | 雑記 | Comments(0)