++something tiny++

October 31  下半分くらい

今日で、9月が終わります・・・

ここ数日、持病のために処方された薬が合わず、頭痛、嘔吐、めまいやらで
生汗が出たり眠れなかったりで、ぐったりしています
ちなみに、こんな副作用の強い薬たちって、点眼薬ーー! あの一滴で!

今は、それらの薬が中止になって、一週間後からまた何か始めるらしく戦々恐々・・・

*  *  *  *
それなのに、40ct. の身の程知らず

b0286321_819414.jpg


今、下半分くらい・・・
主役と思われる黒猫が現れました
目がデカッ!
それにしても、刺しながら気づいたけど(おそっ) このデザイン、足が多いアイツもいっぱい・・・

上には、ABCが入りますが、ちょっと休憩します

+  +  +  +

昔、まんが日本昔話で「そば(の茎)が赤い理由」みたいなお話があって、
それがすごーく怖くて、そばって赤いんだーと思っていた

そばの花って、白いのが普通らしい・・・
これは、赤い花のそば 茎が赤いのは白い花も一緒らしい

b0286321_8261095.jpg


オットがどこか田舎で撮ってきた(入場料払って撮ったんよと言ってた)

b0286321_842155.jpg


そのそばの花か茎が赤い理由がなにかおどろおどろしい言い伝えだった記憶があって、
思い出したくて、いろいろ調べてみた

テレビの「まんが日本昔ばなし」は、おじいさんが伸びたタケノコを登って行ったら、
ステキな星の世界だったので、おばあさんも連れて行こうと袋に背負って登った。
途中で喋ってはいけない。と言われていたから、我慢していたけど、「まだか?」と何度も問う
おばあさんに最後の最後で「もう着いた」と喋ってしまい、おばあさんが地上に落ちてしまう。
落ちたおばあさんの姿はどこにもなく、そばの茎が赤く染まっていた・・・ みたいな話

ワタシがこわーいと思ったのは、これだったのかな??

図書館で「日本の民話」という本を借りて調べると、[神奈川県の民話]の中に
昔、甲斐の武田と小田原の北条の一戦で、落ち延びた甲斐の国の三島の落ち武者たちが
月夜に光るソバの花を、小田原の海(敵陣)と勘違いしてしまい、腹を切って大勢自害した
そこは、ほんとうは自分たちの甲斐の国だったというのに・・・という悲しいお話
             日本の民話8  乱世に生きる 松谷みよ子 より

ソバには言い伝え(伝承)の話が多い・・・



*  *  *  *
本調子になるまで、ゆるいことしようと思う

b0286321_851419.jpg




では・・・
[PR]
by kotorika | 2015-09-30 08:54 | クロスステッチ | Comments(4)
Commented by ビギナー at 2015-09-30 17:13 x
Kotorika さん 大丈夫ですか?
あまりご無理なさらないで下さいね。
一滴で副作用なんて本当に強いお薬なんですね。

デメ黒ちゃんはハロウィンですね…
アルファベットが入って、お仕立ては? 楽しみですね。
ゆっくり、ゆっくりね。

赤い蕎麦の花 怖くて悲しいお話しですね。
お蕎麦美味しいのにね(^.^) 白い蕎麦の花はよく見ますが
赤いのは初めて… ご主人様のお写真素敵ですね。
実物を見てみたくなりました。
くれぐれも御身大切にね。
Commented by kotorika at 2015-10-01 10:07 x
ビギナー さま

こんにちはー! ありがとうございます。。。
特別な体質だとは思っていないのですが、系列の点眼薬はことごとく合わないみたいです
体の中がぐるぐる回って(?)お月様を見る余裕がありませんでした( ;∀;)

ハロウィンもの・・去年は違うのを刺すつもりにしていたのですが、
気分ですねー。。もう一つ今年、刺したいネコがあるのですが、どうなるかな?
ビギナーさんは、音符のクリスマスものですねーー!! 楽しそう!(^^)!

赤そば畑は北広島町の八幡地区で、高嶺ルビーという品種では? ということ・・
花や風景は撮影する気が余りわかないらしく、カメラも10年くらい前の分厚いデジカメでチョロッと撮る感じです(鳥とはカメラを別にしているらしい)
そば、お好きですか? そちらは、美味しいお蕎麦がありそうですねー(*^-^*)
Commented at 2015-10-01 19:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kotorika at 2015-10-02 10:46
鍵コメントさま

こんにちは! コメントと優しい励ましをいただきありがとうございます
毎日見てますよーと言っていただくと、俄然元気がでるというものです(*^-^*)
嬉しかったです!
お勤め、そうだったのですね・・・なんとも心丈夫です
新しい環境ですと、それは、お疲れだったことと思います
少しずつ針が持てるようになられて、本当によかった ^^
眼の手術そのものは、もう後は時間が経たないとどうしようもないかな。。と思っているのですが、
目薬が合わないのは本当に困ります・・・(ワタシもドクターも)
完治する病気ではないのだけど、なるべく進行を止めたいので、長く根気よく治療しないとなー
そういう意味では、腹をくくっているつもりなんだけど・・・

ここ数年でいろいろと体のボロが出てきていて、ちょっと試練の時期かもです
ブツブツ言いつつ、できる範囲で好きなことは続けようと思っていますー
本当にありがとうございました☆